クロス張替えをしてみよう!

生のり付き壁紙なら初心者でも簡単!クロス張替えDIY

生のり付き壁紙なら初心者でも簡単!クロス張替えDIY クロス張替えは、業者に依頼することもできますが、自分でお手軽にDIYすることも可能です。
自分でクロス張替えを行う場合には、クロスの裏に生のりが塗ってあるタイプの商品を購入することがポイントです。
自分で大きなクロスを扱う場合に、毎回のりを塗っていると、のりが塗ってある側がくっついてしまったり、クロスがぐちゃぐちゃになってしまう危険性があるからです。
その点、生のりが塗ってあるタイプなら、一人でも張り替えることができます。
初心者の方の場合は、まずは室内の壁の一面だけなど少ない面積から張り替えていくことがおすすめです。
必要となるアイテムは、クロスを購入する際にまとめて購入しておくことがおすすめです。
道具をそろえておくことでこれからも自分でクロス張替えを行うことができるようになるほか、業者に依頼するよりも全体で費用を安く抑えることができるからです。
最低限必要な道具としてはカッターとはけがあれば作業を行うことができます。
長さをきちんと測るだけでも仕上がりがかなり変わってくるので丁寧に作業を行うことがポイントです。
クロス張替えはやり方さえ知っていれば初心者でも手軽に行うことができるので生のり付き壁紙が人気です。

DIYでクロス張替えよう!クロス張替えの初心者限定!

DIYでクロス張替えよう!クロス張替えの初心者限定! クロス(壁紙)の張替えはヨレたりシワになったりと自分ではできないものと思っている方が多いはずです。
しかし初心者でもコツをつかめば簡単に綺麗なクロス張替えが出来ます。
まず下準備からいくと、現存のクロスをはがす作業から始めるのですが、貼ってあるクロスには薄紙がついていますのでそれが壁から浮いている場合はその部分をはがしながら下地を傷つけないようにしてはがします。
次に凹凸がある場合は下地用のパテを薄くぬって凹凸を無くします。
そしてここからが問題なのですが、初心者ならば是非使ってもらいたいのが最初から糊が付いているタイプのクロスです。
中には作業用のローラーやカッターなどが同梱されている物もありますので、これですと用具も購入する必要が無くとても便利です。
そして糊がついているクロスの場合はそのままクロスを壁に押し当ててハケで圧着し、ヘラで角を入れ込みつつ貼り付けて余分な所をカットしたら余分な糊をスポンジなどでふき取ります。
あとはこの作業を繰り返し最後にジョイントコークという隙間を埋めるシリコン剤を隙間に埋めて完成となります。
注意点としてはクロス同士まっすぐに貼る事とコンセントがある場合はカバーを外しクロスを張り付けてからカッターで穴をあけてカバーを再びつける事だけです。
以上が糊つきクロス張替えの方法です。

オススメのクロス張替え関連サイト

初めてのクロス張替えを検討されてる方も安心してご利用頂けるクロス張替え業者

クロス張替えを東京で行う

新着情報
(.*)!s', $str, $res)){ print $res[1]; } ?>
\n"; echo "
「".$q."」
に関連するツイート
\n"; echo "
Twitter
\n"; echo "
\n"; echo "
\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>